製品情報

時間領域 核磁気共鳴装置 TD-NMR SpinMate

時間領域 核磁気共鳴装置
TD-NMR SpinMate

SpinMateは核磁気共鳴における共鳴の緩和時間を測定し、粒子界面状態や分散凝集状態を評価します。
従来のTD-NMR装置のSpinTrackと同等の性能を有し、さらにコンパクトになりました。粒子分散溶液の分散性評価に特化したコストパフォーマンスに優れた装置です。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

【2021年8月より取り扱い・販売を開始!】

SpinMateは核磁気共鳴における共鳴の緩和時間を測定し、分子の運動性を評価します。
SpinTrackをよりコンパクトに軽量化させ、粒子分散溶液の分散性評価に特化した機能を有し、コストパフォーマンスに優れたモデルです。
分子の運動性評価から、粒子分散溶液の粒子分散性評価が可能です。

分散性評価(粒子分散溶液)

核磁気共鳴における共鳴の緩和時間を測定し、粒子界面状態や分散凝集状態を評価できます。
高濃度分散系でも希釈せずに原液状態にて測定可能です。
簡単に短時間で再現性良いデータを得る事が可能です。
適切な分散処理時間の推定、粒子の濡れ性、分散媒との親和性、分散剤のスクリーニング等に活用可能です。

 

<三種の微粒子分散体の分散性評価一例>

パルスNMR図3

※Rsp値:濡れ性の度合いの指標の1つ

(Rsp値 低) PSL < シリカ < アルミナ (Rsp値 高)

(濡れ性 悪) PSL < シリカ < アルミナ (濡れ性 良)

[結論]

本事例では、アルミナ、シリカ、PSL(ポリスチレン)を同一の分散溶媒に分散させたとき、各粒子の濡れ性の差異を序列をつけて評価することができました。

★他にも、[導入事例]に種々のアプリケーション事例を紹介しております。

[原理]

粒子表面に拘束されたプロトンの緩和時間は、溶媒中に自由に存在するプロトンに比べて短くなります。
これは粒子表面近傍の溶媒分子が拘束され、運動性が低くなる為です。このことから粒子表面積が大きいほど(≒粒子径が小さいほど)、粒子表面に拘束されるプロトンの総量が多くなり、系全体での緩和時間は短く得られます。(下図左)また、同一径の粒子でも表面状態の違い(表面処理など)で濡れ性に差異があると、系全体での拘束されるプロトンの量は変化します。(下図右)
サンプル間を比較することで、粒子径の違い、表面の濡れ性の違いを評価することができます。

図1

 

分散評価のより詳しい原理、測定例は「パルスNMRによる濡れ性・分散性評価」をご覧ください。

  • 特徴

●幅広い応用性

観測核次第で応用が可能です。試験材料内に存在する原子核、分散媒に存在する原子核、吸着分子に存在する原子核など。

●良好な再現性

どなたでも再現性良く測定が行えます。

●簡便な操作性

シーケンスファイルを選択するだけの簡単な測定が行えます。解析も専用のソフト内で解析可能です。

●短時間での測定

数十秒と短時間測定。

●熟練者にも対応

自由にシーケンスを作成いただけます

●自由にカスタマイズ可能

希望の仕様にて作成いたします

 

  • 仕様
測定項目 緩和時間(T1、T2)
緩和時間測定 ① 観測核:1H、2H、19F、23Na、27Al、31P 選択可
② 共鳴周波数:19.6MHz
③ 測定時間:数十秒から数分(測定時間はサンプルの性状に依存)
④ 試料管:10mmΦ(5mmΦも選択可能)
サンプル ① NMRチューブに分取可能である事
(微粒子分散系の場合) ② 測定可能溶媒:水系、有機溶媒系可能(構造中に観測核が含まれる事)
③ サンプル量:約500µl(より少量での測定も可能)
温調 ① 室温+5℃ ~ 50℃
操作性 ① 測定項目を選択するだけの簡単なソフトウェア
② オートチューニング可能
本体概要 ① 本体寸法: W300×D180×H180mm
② 本体重量: 約16.5kg
③ ケーブル: 2本(電源ケーブル&PC接続用ケーブル)
電源 AC100V 50/60Hz 3A
  • 導入事例
技術情報 Technical information
  • 粉体の濡れとは?
  • パルスNMRによる濡れ性・分散性評価
関連情報 Related information
ニュース
リリース
展示会・
セミナー
関連製品
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理