製品情報

ピエゾ式高周波レオメーター TriPAV(トライパブ)

ピエゾ式高周波レオメーター
TriPAV(トライパブ)

TriPAVはピエゾ方式により最大10,000Hzという高周波数における粘弾性の測定が可能なモデルで、校正不要、少量サンプル、温調対応、短い測定時間といったユニークな特徴を備えています。
特にインクジェットインクの評価に最適ですが、他にも塗料やコーティング液、ポリマー溶液、血液などの幅広いアプリケーションにも対応しています。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様

概要

最大周波数10,000Hzの粘弾性測定機

TriPAV(トライパブ)はピエゾ方式により、最大10,000Hzの高周波数における粘弾性を測定することができる特別なレオメーターです。従来式レオメーターでは100Hzを超える周波数での測定は困難ですが、TriPAVならその100倍の周波数条件を達成することができます。

高周波数での測定が求められるインクジェットインクの評価に最適なほか、ポリマー溶液や塗料など、様々な液体の粘弾性を測定することができます。

測定原理

2枚のプレートの間に少量のサンプルを挟み、ロックインアンプを利用したピエゾアクチュエーターにより一方のプレートを振動させます。下側のプレートの圧電励起と全体的な応答を、パッシブ圧電センサーによって検知し、測定を行います。

サンプルがある場合とない場合の応答振幅と位相の変化を分析することにより、弾性率(G’)、粘性率(G”)、複素粘度(h*)を算出します。

周波数範囲は1~10,000Hzで、5分以下のわずかな時間で全範囲の測定を終えることができます。

短時間測定&少量サンプル

1~10,000Hz条件の測定に掛かる時間はわずか5分以下です。

必要液量は0.1ml以下(ただしサンプルによる)なので、希少サンプルや高額サンプルの測定にも最適です。

導入事例

アプリケーション事例

  • インクジェットインク
  • 高粘弾性エナメル
  • 塗料、インク
  • コーティング液
  • ポリマー溶液
  • 生体液、血液、タンパク質
  • 希少サンプル、高額サンプル

 

  • 特徴

特徴

  • ピエゾ方式により最大10,000Hzの高周波数における粘弾性を測定可能
  • 必要なサンプル量は0.1ml以下
  • 1~10,000Hzの測定に掛かる時間はわずか5分
  • 温調対応(+5~+80℃)
  • 定期校正不要
  • 仕様

主な仕様

周波数範囲:1~10,000Hz

温調範囲:+5~+80℃

粘度範囲:1mPa·s以上

サンプル量:0.1ml以下(ただしサンプルによる)

 

技術情報 Technical information
  • 粒子分散とは?
  • レオロジー評価
  • 表面・界面張力とは?
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理