製品情報

パウダープロ粉体物性総合試験機 PowderPro A1

パウダープロ粉体物性総合試験機
PowderPro A1

さまざまな粉体材料の安息角、かさ密度、タップ密度などの粉体特性を自動的に分析します。小型でユーザーフレンドリーでありながらコストパフォーマンスにも優れた製品です。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

粉体材料の基本的な物理的特性は、粉末の製造、処理、輸送、保管、およびその他の用途において実際に重要です。PowderPro A1(パウダープロ エーワン)は、さまざまな粉体材料の安息角、崩潰角、かさ密度、タップ密度などの粉体特性を自動的に分析します。これら項目は流動性評価にも使用されます。迅速、簡単、正確、かつ科学的な試験結果を得るために開発されました。

PowderPro A1 粉体物理特性試験器の機能と利点

1.測定および計算されたパラメーター

全自動測定項目:
•安息角と崩潰角
•スパチュラ角
•かさ密度とタップ密度
•凝集度
•分散度
•篩分け試験による粒子径分布(ふるい分け試験)

完全自動で計算される項目:
•差角
•圧縮度
•均一度
•流動性指数
•噴流性指数
•空隙率


2.画像法で角度を測定
写真は、高解像度CCDイメージング技術を使用して撮影されます。 安息角、崩潰角、スパチュラ角などのパラメータは、独自の画像認識および処理技術により、高精度で再現性の高い高速かつ簡単な方法で取得されます。

3.特許取得済みの回転振動技術:
粉体の滑らかな表面を確保し、測定精度を向上させます。

4.自動制御技術:
完全自動のPCまたはモバイル制御により、使用と操作が簡単です。 篩振動強度を設定でき再現性の高いテスト結果が得られます。

5.適合性:
•ASTM D6393-08 / D6393-14
•ISO 3953:1993
•USP32-NF27 <616>
•EP7.0 07/2010:20934E

6.データ通信:
電子天秤が機器に接続され、重量データが自動的にシステムに転送されてデータ処理と結果の計算が行われます。

7.タップ密度の高度なテクノロジー:
タップ密度は、可変周波数と回転振動技術の完璧な組み合わせにより実現されます。 毎分50〜300回の振動周波数を連続的に調整できます。 3または14mmの振動振幅を選択できます。 振動中、シリンダーは均一な回転状態にあり、これにより水平な粉体表面が保証され、読み取りの精度が向上します。サンプルのかさ密度によって100mLまたは25mLのシリンダを使用します。

測定例

市販の4つのブランドの全粉乳とスキムミルクの安息角とスパチュラ角を測定しました。脂肪含有量は粉体の流動性など機能的特性に直接影響を与える要因の1つです。脂肪が多すぎると、乳糖の結晶化や粉ミルク粒子の酸化が起こり、形態構造や粉末特性が変化する可能性があります。

一般に安息角が小さいほど粉体流量性が高くなります。4つのブランド全ての全粉乳の安息角は、スキムミルクよりも大きくおそらく脂肪含有量に関係していると思われます。ブランドDの安息角は他のブランドよりも低いため、より良い流動性が得られることが期待されます。スパチュラ角も全てのブランドで全粉乳の方が大きく、ブランドDが低い値となりました。

圧縮性、均一性を測定し、流動性指数を求めました。安息角の小さかったスキムミルクはやはり全粉乳より流動性が高いと結論づけられました。また、ブランドDが最も流動性が高いことがわかりました。

 


  • 特徴
  • イメージング技術による角度の測定
    高解像度電荷結合装置(CCD)カメライメージング技術を採用して、パウダーパイルの写真を撮ります。独自の画像処理技術により、安息角、崩潰角、スパチュラ角などのパラメータを高精度かつ再現性よく取得しています。
  • コンパクトなデザイン
    安息角、崩潰角、スパチュラ角、ゆるめかさ密度(バルク密度)、タップ密度(かためかさ密度)、凝集度、分散度、空隙率、ふるいサイズを含む9つの測定項目と、差角、圧縮性、均一性、流動性指数、噴流性指数を含む5つの計算項目たった1つの装置であるPowderPro A1で実現できます。
  • 自動制御技術
    全自動のコンピューターまたはモバイル制御により、簡単で迅速な操作が保証されます。
  • データ通信
    電子天びんが機器に接続されており、重量データを制御システムで記録して、さらにデータを処理および計算することができます。
  • 独自のデータ出力
    PowderPro A1のミニプリンターは、測定データをタイムリーに印刷するのに便利で効率的です。
  • 仕様
粉体 タイプ 金属材料(Fe、Ni、合金など)
非金属材料(CaCO3、SiO2、ポリマーなど)
パラメーター 回数 9(測定)+ 5(計算)
測定角度 方法 CCDカメラによる全自動
繰り返し能力 ≦ 3%
タッピング 周波数 50-30Hz(連続調整)
ストロークの高さ 3 または 14 mm
ディスプレイ デジタルディスプレイ
適合性 ASTM ASTM D6393-14
ISO ISO 3953: 2011
USP USP32-NF27<616>
EP EP7.0 07/2010: 20934E
制御端子 タブレット Androidシステム
スマートフォン Androidシステム
PC Windowsシステム
接続 Wi-Fi
寸法 600 × 350 × 730 mm (L × W × H)
重量 42 kg
電源 AC100~ 240 V, 50/60 Hz, 230 W

 

項目 1回測定のサンプル量 他
タップ密度 100g (10g or 20g or 50g)
かさ密度 100mL(非金属粉)、25mL(金属粉)
安息角 10-150mL
スパチュラ角 300mL
凝集度 2g
分散度 10g
篩分け試験による粒子径分布 10 or 50g
  • 導入事例
  • 建材
  • 医薬品
  • 金属粉末
  • トナー
  • 石油化学物質
  • 土壌や堆積物
  • セラミック
  • 粉末洗剤
  • バッテリー材料
技術情報 Technical information
  • 粉体の性質や物性評価法(流動性、粒子径、水分吸脱着等)
関連情報 Related information
展示会・
セミナー
関連製品
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理