製品情報

ダブル滴定ハンディ接触角・表面自由エネルギー解析装置 MSA

ダブル滴定ハンディ接触角・表面自由エネルギー解析装置
MSA

世界初のダブル滴定システムを採用し、ワンクリックで同時に2液の接触角を測定することで表面自由エネルギーを最短1秒で算出できます。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

ダブル滴定システムによる接触角・表面自由エネルギー解析

MSAは2種類の試薬の接触角を同時に滴定・測定可能なダブル滴定システムを備える革新的なハンディ接触角計です。これにより、これまで試薬の入れ替えや計算などで手間のかかっていた表面自由エネルギーの測定を、誰でもワンクリックのわずか1秒で行うことが可能です。

このシステムを支えるのがKRUSS社の独自技術「リキッドニードル」です。空気圧で液を吐出して着液させるこの技術は、これまでのステンレスニードルなどを用いた方法と比べて下記の特徴を備えます。

①誰もがワンクリックするだけの全自動で簡単・スピーディな測定
②2種類の試薬を同時に滴定できるため、接触角に加えて表面自由エネルギーをも最短わずか1秒で算出
③高撥水表面であっても少ない液量のまま容易に着液(例えば0.5μlや2.0μlなど)
④従来ニードル式で問題となる着液時のニードル高さ位置による接触角値への影響を低減
⑤固体ニードル不使用なのでサンプルを傷つける心配なし

MSA紹介動画(日本語字幕選択可)

2液の同時測定を可能にする独自システム

カートリッジシステムと予備カートリッジ&シリンジセット

試薬を充填した2本の専用カートリッジを装置本体に装填できます。液の再充填やカートリッジの取り換えは誰でも簡単に行えます。交換方法の紹介動画はこちら(日本語字幕選択可)。

また、予備カートリッジのご用意もあるため、定期的に交換することによりコンタミのリスクを低減した高精度な測定が可能です。
kruss-mobile-surface-analyzer-easy-refill-cartridges_sp52

滴定部位の非接触ノズル

装置底面に2つ並んだ各ノズルの中央にある微細な孔から、空気圧によって液体が瞬時に吐出されます。kruss-mobile-surface-analyzer-liquid-needle-dosing-system

コンパクトな作り

手に収まるコンパクトなサイズに下向きカメラ、光屈折プリズム、滴定ノズル、光源をまとめています。kruss-mobile-surface-analyzer-prism-optics

日本語ソフトウェア「ADVANCE」

MSAはUSBケーブル接続されたPCから操作を行いますが、専用ソフトウェアADVANCEは快適な測定を強力にサポートします。

自動プログラム画面やライブカメラ画像を表示する各種ウィンドウ(タイル)は固定されており、上下にスクロールしながら操作を行います。従来のソフトウェアにありがちなタブで表示を切り替えながら操作や確認を行う必要がなく、設定や測定データなどは一目で確認できます。
データはExcel形式にて出力可能で、測定データに加えてグラフも同時に作成されます。
ソフトウェア内のデータ比較も簡単で、比較データも測定データと同様Excel形式で出力できます。
言語は日本語のほか、英語、中国語、韓国語などにも対応しており、設定はいつでも簡単に切り替えることが可能です。

ダブル滴定システムを搭載するMSAでは2種類の接触角を同時に確認、測定できるようライブカメラ画像が横に二つ並んで表示されます。
測定時、接触角値は自動で取得・保存され、さらにその結果から表面自由エネルギーが自動で計算されて算出されます。この間、最短わずか1秒です。
滴定量や滴下後の待機時間、経時変化の測定なども自由自在にカスタマイズが可能です。

ADVANCE紹介動画はこちら(日本語字幕選択可)!MSA 1MSA 2

関連アプリケーションレポート

Determine how clean surfaces are: Quickly and on the go
現場で素早くできる表面清浄性の評価

Optimizing flame treatment of polymer surfaces
ポリマー素材のフレーム表面処理の最適化

Replacing the solid needle by a liquid one when measuring static contact angles
静的接触角測定におけるリキッドニードルによる従来式ニードルの置き換え

Why test inks cannot tell the full truth about surface free energy
テストインク(濡れ試薬・ダインペン)では正しく表面自由エネルギーを評価できない理由

その他界面科学レポートはこちら

文献リスト

こちらをクリックすると本機または同測定原理の機種が使用されている文献リストのPDFファイルが開きます。最新の掲載文献についてはお問い合わせ下さい。

カタログの送付や装置に関するご質問はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

  • 特徴

・ダブル滴定システム(リキッドニードル)により、わずか1秒で接触角・表面自由エネルギーを測定

・1~2μl程度の少量液量の着液が難しい高撥液表面へも容易に滴定可能

・人為的誤差の出ない完全自動測定

・アルミ素材採用で頑丈なため、現場での測定にもおすすめ

・ドアミラーや天井など、垂直面や逆さ方向の測定も可能

・日本語対応ソフトウェアで誰でも簡単に測定

  • 仕様

主な仕様

測定項目:静的接触角、経時変化測定、表面自由エネルギー評価

接触角測定範囲:0~180°

分解能:0.01°

滴定装置(選択):空気圧式ダブル滴定(リキッドニードル)、またはニードル式シングル自動滴定

カメラ:CMOS 1000x700px

底部サイズ:106x59mm

装置高さ:112mm

重さ:850g(コード除く)

主な機能

・接触角計算方法(ヤングラプラス法、楕円法、接線法、真円法、幅高さ法)

・表面自由エネルギー計算機能(OWRK, Fowkes, ExFowkes, Acid-Base, Zisman, EoS, Wu, Schultz)

・動画録画機能

・バックグラウンド動画録画機能(常に自動録画され続けている動画を後から解析する機能)
→機能紹介動画はこちら(日本語字幕選択可)!

・液体試薬データベース内蔵(ソフトウェア内150種類以上)

・USBバスパワー式

・日本語対応ソフトウェアADVANCEによる完全自動測定

  • 導入事例

アプリケーション事例

・プラズマ処理の評価

・接着剤の最適化

・フィルム等の表面自由エネルギー測定の迅速化

・自動車の内装部品の測定

・自動車ボディの洗浄の評価

・ワックス面の評価

・陶器の清浄性の評価

・大型のサンプル(切断が難しいもの)、壁面や天井などの接触角測定

・テストインク(濡れ試薬、ダインペン)による評価の置換え

技術情報 Technical information
  • 表面・界面張力とは?
  • 接触角とは?
  • 界面粘弾性とは?
  • 表面自由エネルギーとは?
  • 界面科学のアプリケーションレポート
  • KRUSSの参考文献リスト
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理