Information

【技術記事の掲載】 KRUSS社 接触角測定における新滴定技術「リキッドニードル」のご紹介 コンバーテック2018年11月号

コンバーティングの総合情報誌であるコンバーテック2018年11月号「特集:機能性材料とフィルム・シート」に、KRUSS社が開発した接触角測定における特許取得済み滴定技術「リキッドニードル」の技術記事が下記タイトルにて掲載されました。

  • 撥水性表面における新技術リキッドニードルとヤングラプラス法を用いた正確かつ容易な接触角測定法~布の評価事例~

リキッドニードル(Liquid Needle)とは、圧力によって液滴を空気中に吐出することで着液させる全く新しい技術です。
従来のステンレス製などのニードルを使用した滴定・着液方法と比べて、下記のような特徴を備えます。

①誰もがワンクリックするだけの全自動で簡単・スピーディな測定
②2種類の試薬を同時に滴定できるため、接触角に加えて表面自由エネルギーをもわずか1秒で測定
③超撥水表面であっても少ない液量のまま容易に着液(例えば0.5μlや2.0μlなど)
④従来ニードル式で問題となる着液時のニードル高さ位置による接触角値への影響を低減
⑤固体ニードル不使用なのでサンプルを傷つける心配なし

リキッドニードルに対応する装置はハンディ接触角・表面自由エネルギー解析装置MSAや、据置型接触角計DSA25DSA30などです。デモ機にて是非その性能をご覧下さい!

liquid_needle装置カタログの送付やご質問などはこちらよりお問い合わせください。

製品詳細ページはこちら