製品情報

ポータブル潤滑油劣化モニター装置 FluidScan 1000シリーズ

ポータブル潤滑油劣化モニター装置
FluidScan 1000シリーズ

フルードスキャン1000シリーズは潤滑油の汚れや劣化により交換が必要な時期を決めることで、機械装置を守ります。合成油系・石油系潤滑油の違いに関わらず、現場で潤滑油の劣化と汚染を調べることができます。フルードスキャンは革新的なフリップトップセル(特許出願中)で試料油を分析します。

フルードスキャンは潤滑油の劣化と汚染の分析に有効な検査技術の主力として知られている赤外分光器を採用し、あらゆる潤滑油の測定を可能とします。ハンドヘルド型でありながら、研究室で使用されている赤外分光分析装置と同等の精度で分析が可能です。リアルタイムで現場分析することでオイル交換時期の延長、運転コストならびに保守コストの削減、そして予期せぬ保守期間を少なくし、壊滅的な機械の故障を防ぎます。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

おもな用途

予期せぬダウンタイムが許されない、大型機械装置などでご使用頂けます。適用例は下記の通りです。

■ エンジン  ■ 油圧機器
■ ガスタービン  ■ 蒸気タービン
■ 風力タービン  ■ ギヤ
■ トランスミッション ■ コンプレッサー
■ バイオディーゼル品質管理

原理

■JOAP(Joint Oil Analysis Program)で決められた使用油の各赤外吸収バンドをモニター

測定画像

FluidScan 測定画面

5278709

FluidScan 操作方法

5076483

装置概要(動画)

  • 特徴

■小型・軽量・堅牢
■中赤外の赤外線分光装置
■性能はハイエンドFTIRに匹敵する
■現場で測定できる
■自己校正機能があり信頼性が高い
■分析時間は1分以内
■分析項目 (油種により異なります)
◇TBN(全塩基価)
◇TAN(全酸価)
◇Oxidation(酸化)
◇Nitration(中和価)
◇Sulfation(硫化物)
◇不適切な潤滑油
◇添加剤の消耗
◇すす
◇グリコール/凍結防止剤
◇水分

◆オイルの交換時期を正確に知ることができる
◆実験室の分析結果を待つ必要がなく適時に交換時期を知ることができる
◆運転・メインテナンスコストの低減
◆致命的な故障を防止できる

  • 仕様

仕様

■140mm (W) x 70mm (D) x 240mm (H), 1.4 kg

■110/240VAC, 50/60Hz, 10W

■リチウムバッテリー 稼働時間6~8時間

■Windows CE, 64MB RAM, USB

■データ保存量 最大5,000件

■使用環境 10~50℃, 0~100% 結露なきこと

■ASTM E2412準拠

  • 導入事例

■鉄道会社

■化学メーカー

■機械部品(減速機)メーカー

■自動車部品メーカー

技術情報 Technical information
  • 機械状態監視 オイル分析入門
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理