製品情報

一軸圧密式 粉体流動性テスター / 粉体ケーキングテスター Evolution Powder Flow Tester

一軸圧密式 粉体流動性テスター / 粉体ケーキングテスター
Evolution Powder Flow Tester

Evolutionは、圧力下による粉体の流動性(固結性、ケーキング)を一軸圧密式で簡便に評価できる装置です。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

粉体は、晒される状況によって振る舞いが大きく変わります。Evolutionは、圧力下による固結状態の粉体の流動性を評価する装置です。貯蔵中の固結は、ハンドリングを悪化させることや、凝集なども引き起こします。
固結状態、ケーキングの評価は、せん断式が知られておりますが、Evolutionは、より簡便に流動性を評価することが可能です。一軸圧密により粉粒体の単軸崩壊応力 (unconfined yield strength)を直接測定します。フローファクターによる流動性分類、フローファンクションによる幅広い粉体の特性を得ることが可能です。
タッチパネル操作も可能で簡便です。

 

測定原理

サンプルを測定セルに充填し装置へセットします。サンプルは、重り、または装置により設定した圧力(最大主応力major consolidation stress)で圧密されます。次にセルを取り換えサンプル、粉体塊が破壊されるのに必要な力をロードセルで測定します(グラフ)。圧密応力は、最大主応力と呼ばれ、破壊に要する力は単軸崩壊応力(unconfined yield storengh)と呼ばれます。同じ圧密下で崩壊応力が小さいほうが粉体塊が壊れやすく流動性がよいという評価になります。

Evolution 図 圧密

 

左図は測定中の粉体層の概念図です。右のグラフは粉体の崩壊応力曲線です。縦軸がロードセルの検知強度、横軸は粉体塊に接触してからのロードセルの高さ変化です。応力(最大主応力(σ1))で固められた粉体塊の場合、ロードセルの粉体層への接触初期は強度が上がりますが、ある点で下がります。この点で粉体層が崩れたことを示し、この時の強度が単軸崩壊応(σc)力になります。

Evolution 図 測定

測定例

固結性は加圧時間と相関があり、一般的に加圧時間が長いほど粉体塊は固結します。ある粉体に5kPaの荷重をかけた場合の例です。短時間で荷重した場合の単軸崩壊応力は2.43kgでflow factor 2.1より付着性のある粉体に分類されます。24時間室温で加圧した場合、崩壊応力は3.63と1.5倍となり、flow factorは1.4で非常に付着性のある粉体に分類されました。ラボで固結性の評価をすることで、粉体の固結性の確認、固結しにくい処方の開発を迅速に行えます。

Evolution 24h 保存

  • 特徴

重り、または装置により粉体を圧密させ粉体塊を形成し、その粉体塊が崩壊するのに要する力を測定

標準測定時間約3分

簡便な操作性 タッチパネル操作可能

少量

せん断法と比べ多くの利点
数分で測定、複数圧力で測定する場合、常に新しいサンプルを簡便に使用可能
セルが小型のためサンプルを様々な条件下(オーブン等)で保存可能

 

  • 仕様
サンプル量 25cc
接触部 材質 デルリン、アルマイト
圧力 0 ~ 120 KPa
寸法 83mm (D) ×108 mm (W) ×380 mm (H)
データ処理装置 Windows, USBコネクタ
電源 100~240V, 3A
  • 導入事例

・圧力下における固結性、ケーキング、流動性測定
・ホッパーやサイロなどの詰まり改善、袋詰め保存による固結性
・流動改善剤の効果
・各種粉体の流動性評価、医薬、食品、化粧品、金属、セラミックス、樹脂、顔料、トナー等

技術情報 Technical information
  • 粉体の性質や物性評価法
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理