製品情報

超音波方式 粒子径分布・ゼータ電位測定装置 DT1202 /DT-310 / DT-300

超音波方式 粒子径分布・ゼータ電位測定装置
DT1202 /DT-310 / DT-300

超音波の減衰やコロイド振動電流からゼータ電位や粒子径分布(DT-1202)を測定します。

  • 概要
  • 仕様
  • 導入事例事例

超音波の減衰やコロイド振動電流からゼータ電位や粒子径分布(DT-1202のみ)を測定します。微粒子分散系の分散・凝集状態を的確に把握し、制御することは新製品開発のキーテクノロジーです。実用系での粒子の分散状態・表面電気化学特性が評価できるために、顔料、ナノ粒子、電子材料、CMPスラリーを含め、最先端の製品研究開発分野で多数の販売実績があります。

DT-1202は超音波減衰法を用いた粒度分布測定とゼータ電位測定の両方に対応、DT-310/DT-300はゼータ電位測定のみに対応しています。

DT-310は滴定装置付き、DT-300は滴定装置なしのモデルです。

 

特徴

  • 原液で測定可能 (希釈不要、0.1~50vol%まで測定可能)
  • 高精度測定 複雑な光散乱から開放
  • 超ワイドな測定 5nm~1000μm(ゼータ電位は<100μm)
  • ゼータ電位の同時測定 等電点や安定性の評価
  • 良好な再現性
  • サンプルの色の影響は、全く有りません

 

eBook「コロイド振動電流法による高濃度スラリーのゼータ電位測定」(化学装置2021年9月別冊掲載)ダウンロード

DT slurrys測定原理、構造、特徴の他、適応事例として高濃度スラリーのゼータ電位測定を紹介しています。

  • 仕様
測定項目 粒子径分布測定(超音波減衰分光法による測定)
ゼータ電位測定(コロイド振動電流法による測定)
 粒子径分布測定 測定範囲:0.005~1000μm
(但し、平均径で理論計算上:粒子と溶媒の密度差や粒子濃度に依存する)
粒子径分布:対数正規分布、改良型対数正規分布、及び二峰性分布計算可能
超音波周波数:1~100MHz
超音波減衰率:0~20±0.01db/cm/MHz
測定時間:測定時間はサンプルの性状に依存し、標準設定では、測定時間は7~20分程度。
 ゼータ電位測定 精度±0.5%
コロイド振動電流再現性±1%
測定時間約30秒~5分程度
サンプル 溶媒粘度:~20,000cp
粒子濃度:0.1~50Vol% 但し、測定上限/下限は、サンプルの性状に依存。
サンプル量:約5~150mL程度。但し、サンプリング方法によりサンプル量は異なります。
測定温度:50℃以下
pH:1.5~13
操作性 測定サンプルの供給と測定セルの洗浄を除き全自動
データ処理装置:ディスクトップ型パソコン、専用ソフトウエア、17インチカラー液晶モニター
装置本体寸法 概略:W1200×D900程度の作業スペースで装置1式設置可能
DT-1202本体寸法:W約530×D約260×H約450mm(循環ポンプ付き)重量:約30kg
オプション  pH滴定ユニット、導電率測定ユニット、非水系導電率測定ユニット、液体誘電率計
電源  AC100V 50/60Hz DT-1202本体:最大300W

注意)粒子径測定はDT-1202のみの機能です。

  • 導入事例

● 超音波式粒子径分布・ゼータ電位測定(DT-1202)

  1. セラミックス/無機材料
  2. 電池材料
  3. 燃料電池
  4. CMPスラリー
  5. 顔料分散
  6. インキ
  7. トナー
  8. 磁性材料
  9. 化粧品
  10. タイヤ
  11. 電子材料
  12. セラミックコンデンサー
  13. その他

  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理