製品情報

ハイエンド液中分散安定性評価装置 Turbiscan Tower

ハイエンド液中分散安定性評価装置
Turbiscan Tower

複数サンプルの液中分散体の長期安定性を評価する場合には1個の測定スロットでは足らない場合がほとんどです。そのような場合には6サンプル同時測定が可能なTurbiscan Towerが最適です。
低温試験の場合も長期間高精度に温調可能なモデルです。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

2020年1月よりデザインが変わりました!

TURBISCAN Tower(タービスキャン タワー)は最大で6サンプルの分散安定性を同時に測定することができるTURBISCANシリーズの最上位モデルです。繰り返し精度、高さ方向の分解能は最高精度を誇り、ペルチェ素子による冷却システムとヒータ加熱温調の組み合わせで精度の良い温度制御も可能です。

6サンプル測定時は6サンプルの同時測定を約2分かけて実行しますが、サンプル数を絞ればより高速な測定も可能となります。装置本体にはカラーモニタが搭載されており、各サンプルスロットの状況を視覚的に確認することができるようになっています。

測定には専用日本語ソフトウェアのTowerSoftを使用します。基本性能はTURBISCAN Lab用ソフトウェアのTurbiSoftと同等で、粒径計算、TSI評価などの上位評価も可能ですが加えて、サンプル管理のプログラムも追加されており、手順に従えば簡単に測定を始めることができます。

 

旧モデルの中古機(デモ機)の販売を行います。詳しくはこちらをクリック!

  • 特徴

高濃度分散体の安定性評価はサンプルを無希釈、非破壊で測定することが重要です。

高濃度に分散体を含むサンプルをそのままガラスボトルにサンプリングし、ボトル外から光を当ててその透過光・後方散乱光を評価することでサンプル中の分散体の変化を評価します。

高さ方向に高精度にステージを移動させながら高さごとに透過光・後方散乱光を測定(スキャン)します。

測定ヘッド液中に分散体が均一に存在している場合、スキャンを繰り返しても透過光・後方散乱光の検出感度は変化がありません。

T原理①

しかし、例えば分散体が沈降を起こす場合、サンプルボトルの底側の分散体濃度は増加し、上側の濃度は低下します。

その場合検出される透過光・後方散乱光も底側で増加し、上側で低下するという変化が見られます。

T原理② 沈降

エマルションなど粒子がクリーミング(浮遊)するものは上記とまったく逆のパターンとなり、透過光・後方散乱光は底側で低下し、上側で上昇するという変化が見られます。

浮遊③

また、分散粒子は移動だけではなく、サイズ変化を起こすことがあります。主に凝集、合一によるサイズの増加ですが下記のような変化が起こります。

T原理③  サイズ変化

これらの時間変化による分散体の変化を読み取ることで分散状態の不安定化の機構を解明することができます。

また、人間の目では捉えることができないような見ることができない変化やわずかな差をクリアに評価することができるのもTURBISCAN(タービスキャン)の特徴です。

  • 仕様

繰返し精度: 0.05%(自動)、0.1%(手動)

サンプルボトル容量:20ml (オプションで4mlボトル使用可能)

測定間隔:最短2分(6サンプル同時測定時)

分散体濃度範囲: 最大95%v/v

評価可能粒子サイズ範囲:10nm ~ 1mm (ただし分散体の屈折率による)

温度調整: 4℃~80℃

所要電源: 100Vac 50/60Hz 8A

寸法・重量: W35 x L45x H90cm 45kg

主な評価項目:分散体の定量的モニタリング、分散体移動速度評価、流体力学的粒径評価、 TSI指標解析、光学的平均粒径評価

その他:バーコード管理機能、測定毎自動校正機能、標準サンプルによる確認機能あり

  • 導入事例

・シャンプーの白化剤の分散性評価

・サンスクリーン剤(酸化チタンなど)の分散性評価

・乳液のエマルション安定性評価

・エマルション安定化のための界面活性剤の最適化(種類、濃度)

・シェービングフォーム、クレンジングフォームなどの泡安定性評価、サイズ変化評価

・乳製品のクリーミングの評価

・飲料のリング現象の評価

・コーヒー飲料のエマルション安定性

・マヨネーズのエマルション安定性

・原油の分散性評価

・インク、塗料の顔料の分散性

・溶解性インクの析出沈降評価

・非経口剤のエマルション安定性

・ナノ粒子のドラッグデリバリー評価

・点眼剤の分散性評価

・カーボンナノチューブの分散性評価

・CMPスラリーの分散性評価

技術情報 Technical information
  • 表面・界面張力とは?
  • 界面粘弾性とは?
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理