製品情報

ガス透過率測定システム C130H

ガス透過率測定システム
C130H

C130H ガス透過率測定試験機は、差圧法に基づき、プラスティックフィルム、複合フィルム、高遮断性素材、シート及び金属箔の、ガス透過率、溶解度係数、拡散係数、透過係数を異なる温度下で、専門的に測定できます。本試験プロセスは、GB、ISO、 ASTMや他の国際規格に準拠しています。
ガス透過率とは、一定時間内に遮断性物質がガス(O2, N2, CO2等)を透過させる能力です。ガス透過率は、温度、湿度、圧力及びサンプルの厚みにより変わります。
準拠規格 ISO 2556, ISO 15105-1, GB/T 1038-2000, ASTM D1434, JIS K7126-1, YBB 00082003

  • 概要
  • 仕様
  • 導入事例事例

C130H ガス透過率測定試験機は、差圧法に基づき、プラスティックフィルム、複合フィルム、高遮断性素材、シート及び金属箔の、ガス透過率、溶解度係数、拡散係数、透過係数を異なる温度下で、専門的に測定できます。本試験プロセスは、GB、ISO、 ASTMや他の国際規格に準拠しています。

製品特性注1

革新的構造デザインとアップグレードした自動操作

  • 一新されたポップアップ引き出しタイプのデザインで、セルを試験
  • 均一の力での自動サンプルクランプ
  • 部品は、世界的有名メーカーから供給を受けているため、高い信頼性と安定性を約束します
  • インテリジェント試験モードでは、1つのボタンのみで操作(試験温度は事前設定が必要)と自動停止が可能です
  • 科学研究モードでは、ガス透過率、溶解度係数、拡散係数、及び透過係数の分析のため、より柔軟にパラメータや機能設定ができます

試験精度と効率をアップグレード

  • 海外輸入の高精度真空センサーは、非常に高い遮断性 (0.01~0.09 cm3/ m2•24h•0.1MPa) 素材を、高精度かつ高い再現性で試験できます
  • 海外輸入の空気圧制御システムは、非常に故障率が低く、耐用年数も極めて長いため、システム全体の高度な密封性能を保証します
  • 海外輸入の高精度真空ポンプが、排ガス効率を改善し、最大0.2Paの真空を生成します
  • 真空ポンプは自動でON/OFFできます
  • 中低レベルの遮断性素材では、試験時間は4時間以下(排ガス時間を含む)
  • 高レベルの遮断性素材では、試験時間は8時間以下(排ガス時間を含む)
  • 3種類の試験セルがそれぞれ試験結果を出します。サンプルは必要に応じて交換できます

優れた温度及び圧力制御技術

  • 360°循環恒温技術により、試験中の温度変化を0.05℃以下に保ちます
  • Labthink独自の圧力補償技術により、差圧を安定させます(圧力変化は0.2KPa以下)
  • 高圧室の圧力を10KPa~210KPaに調整し、正確に維持できます

規格に基づいた多種多様な機能はカスタマイズ可能

  • 多様なタイプのガスが試験可能:ガス単体、複合的なガス、有毒ガス、爆発性ガス、及び危険なガス(カスタマイズが必要)
  • 試験ガスの湿度は、人の手を介さず、システムが自動で調整及び制御します(加湿装置のカスタマイズが必要)
  • Labthink独自のデータ最適化機能により、極端な温度下でも、ガス透過率、透過係数、溶解度係数、拡散係数の試験結果を出すことができます
  • 高速カリブレーション用の基準フィルムが正確で普遍的な試験データを保証します
  • 試験温度と圧力用のカリブレーションポート
  • 差圧法の試験基準に適合

ハイエンドで、安全性は高く、更に使いやすい、組み込み式制御システム

  • 機器とソフトウェア両者のデザインを統合することで、コンピューターウイルスや誤操作による、誤作動発生を最小限に抑え、機器操作とデータの安全性を保証します
  • 本機器は、マウス・キーボード・モニターを用いて簡単に操作いただけます操作とデータ表示の試験用の、Windowsインターフェイス
  • 本システムは、容易なデータ転送のため、4つのUSBポートとデュアルWANポートを搭載しています
  • 本機器は、製薬業界の中国GMP要件を満たしています(オプション)
  • Labthink独自のDataShieldTMシステムによる、データ管理と情報管理(オプション)

試験原理

C130Hは、差圧法に合わせて設計されています事前調整したサンプルを、2つのチャンバー間に密着させ遮断するよう、ガス拡散セルに取り付けます。まず低圧チャンバーが、続いてセル全体が排ガスされます。その後ガスが高圧チャンバーに流れ出し、2つのチャンバー間の圧力差が一定となります。ガスは高圧側から低圧側へサンプルを透過します。サンプルのガスの透過率と他遮断性は、低圧チャンバーでの圧力変化をモニタリングすることで得られます

  • 仕様

技術仕様注2

特徴 フィルム試験
試験範囲 0.01 ~ 50,000 cm3/m2·24h·0.1MPa
解像度 0.001 cm3/ m2·24h·0.1MPa
温度範囲 10°C~ 50°C (室温 23°C)
解像度 0.01°C
温度変化 ±0.05°C
温度精度 ±0.3°C (カリブレーションポート)
真空分解能 0.01Pa
真空精度 表示値±0.2°C (1%~100%のセンサー範囲)
試験チャンバーの真空範囲 < 10 Pa
サンプル数 3種の試験結果
他のサンプル数にカスタマイズ可能
サンプルサイズ Φ97 mm
試験範囲 38.48 cm2
試験ガス O2, N2, and CO2 (供給範囲外)
試験ガスの加湿(カスタマイズ可能)
試験圧力 10KPa ~ 210KPa
ガス供給圧力 0.5 Mpa ~ 0.6 Mpa (73psi ~ 87psi )
ポートサイズ Φ6 mm PUチューブ
機器の大きさ 710 mm (長さ) × 350 mm (幅) × 630 mm (高さ)
電源供給 220VAC±10% 50Hz / 120VAC±10% 60Hz
重量 100 kg

外形

標準的外形
機器本体、モニター、キーボード、マウス、丸型サンプルカッター、真空グリース、高速定量濾紙、真空ポンプ、Φ6 mm PUチューブ (3m)
オプションパーツ
GMPコンピューターシステム、 DataShieldTM 注3、エアコンプレッサー
注意
1. 本機器のガス供給ポートは、Φ6mm PUチューブを使用してください;
2. お客様はガス供給をご準備ください。

注 1: 説明にある試験規格、アプリケーション、及び製品機能は、技術仕様に準拠する必要があります。
注 2: 図内のパラメーターはLabthinkラボの専門家が、ラボの条件を厳格に従って測定しています。
注 3: DataShield TMは、安全で信頼性の高いデータアプリケーションサポートを提供します。必要に応じて構成した、単一のDataShield TM システムは、複数台のLabthink機器で共有できます。

  • 導入事例

アプリケーション注1

本機器は、以下のガス透過率測定に適用されます:

基本アプリケーション
  • フィルム類
    プラスティックフィルム、プラスティック複合フィルム、プラスティックペーパー複合フィルム、共押出フィルム、アルミフィルム、アルミホイル、アルミホイル複合フィルム等を含む
  • シート類
    エンジニアリングプラスティック、ゴムや建築素材を含む、例えばPP・PVC・PVDC
追加アプリケーション
  • 多様なガス
    多様なタイプのガス透過率試験、例えばO2・CO2・N2・Air・He
  • 可燃性、爆発性及び有毒性ガス
    可燃性、爆発性及び有毒性ガスの透過性試験
  • 生物分解性フィルム
    多種多様な生物解性フィルムのガス透過性試験、例えばデンプン質の生分解性バッグ
  • 航空宇宙用途の素材
    本機器は、飛行船ガスバッグのヘリウム透過性を試験できます
  • 紙や段ボール類
    紙及びプラスティックペーパー複合素材のガス透過性試験、例えばタバコのパッケージ用のアルミペーパー、テトラパックシート、インスタントラーメン用の紙碗、使い捨て紙コップ
  • ペイントフィルム
    ペイントフィルムでコーティングされた回路基板のガス透過性試験
  • ガラス繊維の布や紙
    ガラス繊維の布や紙素材を含む、例えばテフロン塗装布・テフロン溶接布・テフロンシリコンゴム布
  • 化粧品用のチューブ容器
    多種多様な化粧品のチューブ容器、アルミプラスティックチューブ容器、歯磨き粉容器を含む
  • ゴム製シート
    多種多様なゴム製シートを含む、例えば車のタイヤ
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理