製品情報

最低造膜温度計 MFFTB90

最低造膜温度計
MFFTB90

最低造膜温度計MFFTB90はISO 2115とASTM D2354の試験法に準拠した塗料、コーティング剤、接着剤などの最低造膜温度の測定を行う試験機です。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

Rhopoint instrument社の最低造膜温度計が新しくなって帰ってきました!

 

最低造膜温度計MFFTB90はISO 2115とASTM D2354の試験法に準拠して塗料やコーティング剤、接着剤の最低造膜温度の測定を行います。ペルチェ素子により正確な温度コントロールが可能で、急速温調が可能です。また、パージエアーシステムを採用しているので、低温時の測定でも結露が起こらず、再現性の良い測定ができます。

本体正面にあるタッチパネルにて操作を行い、測定結果も画面上に表示されます。

  • 特徴

10個(MFFTB90)に温度プログラムが分れているため、1つの測定ステージ上で様々な範囲温度域の評価を行うことができます。1回ですべての温度を評価することはできませんが、そうした場合は測定精度を下げることになりますので、本装置では温度プログラム分割式を採用しています。

 

MFFTB-90の温度プログラム

プロpグラム

 

 

 

 

・塗布しやすく、試験終了後の掃除もしやすいニッケル合金ステージ採用

4

サンプル塗布状況

・見やすいカラーのタッチスクリーン採用。試験結果は造膜点にカバー上のスライダーを合わせるだけで画面に結果が表示されます。

5

・ペルチェ素子による急速温調システムを採用しています。非常に精度のよい温度調整が可能です。

  • 仕様

・温度範囲:-10~90℃        10個の温度プログラムで正確な試験が可能

・温度解像度:0.1℃

・温度精度:-10~70 ℃の範囲:±0.1 ℃              70~90 ℃の範囲:-2.0 ℃/ +0.3 ℃

・測定ステージ:483 x 235mm

・寸法:550 x 610 x 350mm

・重量:38kg

・必要ユーティリティ:冷却水、圧縮空気、100V電源

  • 導入事例

塗料、コーティング液、接着剤の塗布時の造膜温度評価、造膜時の品質評価(割れ、白化)

  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理