製品情報

高温高せん断 TBS粘度計 (HTHS) TBS2100E-F

高温高せん断 TBS粘度計 (HTHS)
TBS2100E-F

ASTM D4683、ASTM D6616準拠の高温高せん断粘度試験器です。エンジンオイルの一次粘度低下の評価に。内燃機関における高温、高速摺動部での潤滑油の実効粘度を測定に世界中で広く利用されています。

  • 概要
  • 仕様

テーパー入りのローター/ステーターを搭載したテーパードベアリングシミュレーター(TBS:Tapered Bearing Simulator)を用いた粘度計です。ASTM D4683及びASTM D6616で規定される高温高せん断条件下での絶対粘度を測定する規格試験器となります。

ILSAC(GF-2~GF-6)、API(SM、SN、SP)、ACEA Oil Sequence及びSAE J300といったエンジンオイル品質規格における粘度分類に基づく粘度決定に必要な装置です。
ASTM規格条件外の温度、せん断速度での測定も可能です。

特長

  • 幅広い温度、せん断速度での絶対粘度測定が可能
  • オートサンプラーにサンプルをセットするだけでサンプル注入から測定まで全自動で実施
  • キャピラリー式と異なり、せん断速度の補正が不要。詰まりによる測定エラーの懸念を解消
  • 測定後の溶剤による洗浄が不要。

 

用途

  • エンジンオイル品質規格(ILSAC、API等)に基づくエンジンオイルの粘度決定。
  • 自動車エンジンやその他の高出力エンジンに使用されるエンジンオイルの粘度評価。
  • エンジンの燃費効率評価。
  • 中、高速レシプロエンジンや自動車、その他高出力エンジン内のベアリング状態の評価。
  • 鉄道車両用エンジンオイルの品質管理。
  • 新品及び使用済のエンジンオイルの評価試験。
  • 仕様

・装置構成:TBS粘度計、コンソール、オートサンプラー、PC

・寸法・重量

TBS粘度計:18cm×30.5cm×35.5cm、16kg

コンソール:46cm×46cm×15cm、9kg

コンソール(オートサンプラーありの場合):46cm×51cm×61cm、26kg

・電源:120VACもしくは220-240VAC、50/60Hz、6A

・オートサンプラー搭載サンプル数:最大42サンプル

・測定粘度範囲:1~30cP

・温度範囲:40~200℃(100℃以下の場合はオプションのチラーが必要です)

・せん断速度:50,000~7,000,000 sec-1

・準拠試験規格:ASTM D 4683、CEC L-36-90、IP 370、JPI-5S-36-03、 ILSAC(GF-2~GF-6)、API(SM、SN、SP)、ACEA Oil Sequence、SAE J300及びASTM D6616

  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理