製品情報

ポータブル燃料希釈率計 FDM 6000シリーズ

ポータブル燃料希釈率計
FDM 6000シリーズ

エフディーエム 6000シリーズはポータブルタイプの燃料希釈率計で、実験室だけでなく現場で使用でき、エンジンオイルに混入した燃料希釈率を迅速に測定します。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様

燃料希釈はエンジンに深刻な損傷を引き起こすことがあります。燃料混入の発生原因として、例えばディーゼルエンジンのクランクケースでは長時間のアイドリング、インジェクター不良や接触不良など。また、航空機油圧システムではインタークーラーの漏れなどが考えられます。
FDM 6000シリーズはポータブルタイプの燃料希釈率計で、実験室だけでなく現場で使用でき、エンジンオイルに混入した燃料希釈率を迅速に測定します。特許出願中のサンプリング手法は革新的なデザインによるもので、最大15%の燃料希釈率を優れた繰り返し精度にて結果を提供します。
FDM 6000シリーズは米海軍との共同開発技術をベースにした燃料希釈率測定の革新的な分析手法を提案し、潤滑油上の気体に含まれる揮発成分より燃料混入率を測定します。
FDM 6000シリーズは海軍に多くの実績を持ち、鉄道業界、受託試験所でも世界的に広く使用されています。

FDM 6000シリーズ ラインナップ

FDM model

FDM 6000シリーズ製品動画

  • 特徴
  • 革新的なサンプリングデザインは優れた繰り返し精度を実現(≦ 5% RSD)
  • 0.2-15%の燃料希釈率を計測
  • 軽油測定時に新油が不要
  • 使い捨てバイアルによりコンタミの心配が不要
  • 内蔵メモリーにより最大3種類の検量線を保存
  • 測定データファイルはUSBケーブルにて転送可能
  • バッテリー内蔵、軽量、運搬用ケース
  • 新規格ASTM D8004 準拠

FDM 6000シリーズ 操作動画

  • 仕様
  • 寸法 : W15 cm x D20 cm x H13.5 cm
  • 重量 : 1.4 kg
  • 電源 : 内蔵式リチウムイオンバッテリー
  • 動作時間 : 3-4 時間
  • 充電時間 : 4 時間
  • 分析範囲 : 0.2-15 %
  • 正確度 : ≦±10% (測定値に対して)
  • 繰り返し精度 : ≦±5% RSD (測定値に対して)
    ※ 一般的な値であり、精度を保証するものではありません。
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理