製品情報

ファイバレーザマーカ・インライン i104

ファイバレーザマーカ・インライン
i104

・レーザVINマーキング
・3次元刻印
・プラスチックから高硬度鋼材への刻印に対応
・マーキングエリア 170mm x 170mm / 100mm x 100mm
・50W高出力レーザーによる金属への深彫り
・グローバルブランド 仏国SIC MARKING社の刻印機
・インラインへの組み込みに対応

  • 概要

i-104の特長

サイクルタイムの短縮やより深いマーキングのニーズを満たすために、SIC MARKING は業界最高水準の高出力レーザーを開発しました。高出力ファイバー レーザーの出力定格は最大 500 W です。これらは、統合可能なレーザー形式で提供することも、クラス 1 セキュリティ マーキング セルまたは F.I.T レーザーに統合することもできます。高出力レーザーを PLC に接続することもでもきます。通信仕様のProfinet、Profibus、Ethernet IP タイプへの接続により、迅速かつ簡単に統合。要求の厳しい生産環境でのパフォーマンスとライフサイクルの両方を保証するために、SIC MARKING は、たとえばこのタイプのレーザーに不可欠な効率的なヒューム排出システムなどの特定のアクセサリも提供しています。

このタイプのレーザーには多くの用途があります。

– ショットブラスト、表面処理、またはコーティング(塗料、防食保護など)の適用後でも読み取り可能な深いマーキング。

– テクスチャリング。外観や特性を変えるために、金属やプラスチックの表面を自発的に変化させたり粗くすること。たとえば、バッテリーセルを洗浄したり、ネジが外れないように表面を粗くしたり、金属部品のコーティングを剥がしたりするなどの目的があります。 導電性の確保など。

– 自動車のシャーシ上の VIN (車両識別番号) の規制マーキング。最小深さ 0.2 mm で、通常約 20 秒のサイクル時間でマーキングします。

– 最後に、電線の皮むきです。これは、電気モーターの開発に伴いますます使用されるようになってきています。 電線の一部から各種絶縁材を剥がして接続を可能にするものです。

 

i104紹介動画

 

SIC MARKING社の紹介動画

  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理