製品情報

表面サイズ度テスター / 動的・液体浸透性テスター EST12.2

表面サイズ度テスター / 動的・液体浸透性テスター
EST12.2

超音波強度変化により、液体が紙やシート状の試料へ濡れる瞬間からの動的な濡れ、浸透を評価できます。PDA.C02の標準モジュールと同等の測定ができる低粘度液体用です。シート表面親水性・疎水性や細孔性, 印字・印刷特性、接着不良の評価等へ。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

紙製品や薄膜、フィルム、シートの製造や塗工、印刷や接着などの転写プロセスは、紙などの基材と液体の相互作用に基づいており、多くのプロセスは数μSなど瞬間的に起こります。そのため標準試験法であるCobbテストやHSTで得られる結果は試料の表面から内部に及ぶ平均サイズ度であり、実際のプロセスの動的な特性を評価できないことがあります。従来の測定法の欠点を克服した装置が「動的液体浸透性測定装置 PDA.C 02」ならびに「表面サイズ度テスターEST12.2」です。EST12.2は低粘度向けのみ対象で小型で簡便な操作性が特徴な装置です。

原理、測定例はPDA standardモジュールを参考ください。

  • 特徴

液体と試料が接触する瞬間からの濡れ、浸透を評価 最小約40mS~の浸透評価

汎用タイプ 低~中粘度向け

水系、非水系対応

坪量に応じた周波数選択(1及び2MHz)

  • 仕様
測定原理 超音波透過式
試料寸法 50×75 mm
試験液量 約390 ml、  測定セルの材質(POM)が耐えられる液体
測定項目 超音波透過強度の経時グラフ
試験目的別各種解析アルゴリズムに依存
測定周波数 2 MHz(約250g/m2以下の紙用)及び1 MHz(約250g/m2以上の板紙用)
測定エリア 16 mmφ×4個
タイムラグ 約40ms以上(ヘッドの自重落下)
測定間隔 約4ms
寸法 140(幅)×250(高さ)×250(奥行) mm
重量 約4.2 kg
電源 100V/ 50~60Hz

 

  • 導入事例

・紙製品、薄膜、フィルム等の樹脂吸収速度、表面サイズ度、表面の多孔性、印刷適性、接着特性、
内部サイズ度やぬれ性評価
・Cobbテスト、HST、接触角測定等で差が得られない方へ
・製紙:ぬれ性、表面サイズ度、でん粉含有量、塗工性、細孔構造等の紙表面物性評価
・紙・板紙と低~中程度の粘性試験液との接触による転写特性評価
・印刷適正評価(インクジェット、オフセット、グラビア、フレキソ)、紙―インク浸透性特性
・接着適正評価(接着剤、エマルション)
・プラスチックフィルム、シート、生地、電極、セパレーター、薄膜、薄層フィルム等の浸透性評価

  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理