製品情報

蒸気圧式 絶対分子量測定装置 OSMOMAT 070

蒸気圧式 絶対分子量測定装置
OSMOMAT 070

オズモマット070は、正確に温度コントロールされた恒温槽内で、溶媒とサンプルの温度差を精密に測定する蒸気圧法により、数平均絶対分子量測定を行う装置です。
GPCなどで測定困難であっても正確な分子量の測定が可能です。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

オズモマット070は、正確に温度コントロールされた恒温槽内で、溶媒とサンプルの温度差を精密に測定する蒸気圧法により、数平均絶対分子量測定を行う装置です。

 

  • 特徴

本装置単体で絶対分子量の測定が可能

測定可能範囲50~50,000 Dalton(g/mol)

水系での浸透係数(Osmotic Coefficient)も測定可能

幅広い温度範囲で測定可能(30~130℃)

超高精度温度センサー 分解能1×10-5

  • 仕様
測定項目 絶対分子量
オスモル濃度、浸透圧モル濃度(osmole)
分子量測定 測定下限濃度:トルエン 3.3×10-5 Mol/Kg、水 1.7×10-4 Mol/Kg
測定レンジ:トルエン 50~50,000 Dalton (g/mol)、水 50~50,00 Dalton (g/mol)
サンプル量:約1ml(最低3回測定)
温度設定レンジ 環境温度より5℃高い温度(最低30℃)~130℃
設定温度ステップ:1℃
装置本体寸法 概略:W700×D500程度の作業スペースで設置可能(セルユニット、コントロールユニットSA)
セルユニット寸法:W約260×D約320×H約230mm 重量:約9kg
コントロールユニットSA寸法:W約430×D約430×H約155mm 重量:約9kg
電源 AC100V 50/60Hz
  • 導入事例
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理