製品情報

マルチガス分析計 G2203

マルチガス分析計
G2203

・メタン(CH4)、エタン(C2H2)
・ppbレベルの高感度で連続測定に対応
・キャビティリングダウン分光法(CRDS)

  • 概要

PICARRO社マルチガス分析計(G2000シリーズ)

エチレンオキシドガス分析計は、環境分野や工業分野でのガス分析における幅広いニーズに対応した高精度なガス分析計です。G2203は、ppbレベルの極低濃度のメタン(CH4)、エタン(C2H2)の高精度な連続測定が可能です。

 

キャビティリングダウン分光法(CRDS)

G2000シリーズは、米国スタンフォード大学で開発されたレーザー技術を用いた、波長スキャン・キャビティリングダウン分光方式(WS-CRDS)を採用しており、従来方式の赤外吸収法(NDIR)やフーリエ変換赤外分光法(FTIR)、ガスクロマトグラフ(GC)に比べ、ppbレベルの極低濃度のガス成分をドリフト性能に優れた長期間の安定的な測定が可能になりました。

 

レーザー分光法を用いたガス分析、安定同位体比分析の紹介(NTT様ご提供)

 

カタログや技術資料の送付、装置に関するご質問はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理