製品情報

ボイスコイル型 高速振動摩擦試験機(最高500Hz) Fretting Fatigue Tester

ボイスコイル型 高速振動摩擦試験機(最高500Hz)
Fretting Fatigue Tester

最新技術を駆使した全く新しい高速振動摩擦試験機(Fretting Fatigue Tester)は、頑丈なフロアスタンドフレーム仕様で最大500Hzの高速往復振動でも、ボイスコイルストロークをリアルタイムに監視して制御する事が可能です。規格試験はもちろん研究開発用途として大いに役立つことが期待できます。
仕様によりボイスコイルを ミニ / シングル / ダブル から選択可能なため最大加重 5,000N 、最大摩擦力 2,500Nで試験が可能です。 低加重領域は最低加重0.1Nからテスト可能です 。最速200,000Hzでデータ収集が可能なため、試験データの波形がはっきりと確認できます。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

製品概要

最新技術を駆使した全く新しい高速振動摩擦試験機(Fretting Fatigue Tester)は、頑丈なフロアスタンドフレーム仕様で最大500Hzの高速往復振動でも、ボイスコイルストロークをリアルタイムに監視して制御する事が可能です。規格試験はもちろん研究開発用途として大いに役立つことが期待できます。
仕様によりボイスコイルを ミニ / シングル / ダブル から選択可能なため最大加重 5,000N 、最大摩擦力 2,500Nで試験が可能です。 低加重領域は最低加重0.1Nからテスト可能です 。最速200,000Hzでデータ収集が可能なため、試験データの波形がはっきりと確認できます。ソフトウェアは最新Windowsベースで、試験はレシピが作成可能なため保存後はどなたでも同じ試験を繰り返し実施可能です。

メンテナンスサービス

海外製品ですが技術子会社により国内にてメンテナンスサービス・修理が可能です。スタッフは定期的にメーカーでトレーニングを受けているスペシャリストでありほぼ全ての不具合は国内にて対応が可能です。

 

  • 特徴

ソフトウェア (超高速データ収集)

最速200,000Hzでデータ収集が可能なため、試験データの波形がはっきりと確認できます。
ソフトウェアは最新Windowsベースで、試験はレシピが作成可能なため保存後はどなたでも同じ試験を繰り返し実施可能です。

頑丈な筐体

低重心 / 鉄骨構造によりテストの振動を低減します。筐体には車輪がついており移動は可能ですが、床にボルト固定することも可能です。また、コントローラー、データ収集ボックス、電気制御ボックスは筐体下部に取り付けられており、将来のアップグレードが容易です。

繰り返し精度

ベアリングを使用しておらず、振動に強いプラットフォーム設計の為高い繰り返し精度を保証します。

3種類のボイスコイル

仕様によりボイスコイルを ミニ / シングル / ダブル から選択可能なため
最大加重 5,000N 最大摩擦力 2,500Nで試験が可能です。 低加重領域は最低加重0.1Nからテスト可能です (HRFF)

発生する摩擦力(N)により、コイルの種類が変わります。
0.05N ~ 10N  ミニボイスコイル
10N ~ 1,000N  シングルボイスコイル
1,000N ~ 2,500N  ダブルボイスコイル

  • 仕様

仕様概要

・最高 500Hz
・ストローク 10μm – 4mm
・最大加重 5000N
・高温試験 500℃試験対応
最速200,000Hzでデータ収集が可能

各種カスタマイズ可能です。お気軽にご相談ください。

  • 導入事例

1台で広い負荷、温度、周波数範囲の試験が可能な為、同じテスターで様々な規格試験を実行することができます。

対応規格試験

  • ISO 19291
  • ASTM E2789
  • ASTM D6425
  • ASTM D7421
  • ASTM D5707
  • ASTM D5706
  • ASTM D7594
  • DIN 51834-2
  • DIN 51834-3
  • DIN 51834-4
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理