製品情報

土壌CO2フラックス計測装置 eosFDCO2

土壌CO2フラックス計測装置
eosFDCO2

土壌のCO2フラックスセンサー

● 省スペース設計
● 完全な携帯型
● 優れた時間分解能
● 防水タイプ

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様

優れた携帯

eosFDの消費電力は極めて小さい為、小型のバッテリやソーラーバッテリーなどでも動作できます。また、重量は1.6kgの軽量設計の為、どこへも持ち運ぶことができ、容易にデータを入手することができます。

 

広範囲の計測に対応

eosFDのスタンドアロン設計は、内蔵のCO2センサ、データロギングのパッケージにより、広範囲にCO2センサを配置することができます。

 

直接的なフラックス測定

データの後処理を排除したフラックス測定が可能で、eosFDは、高い分解能でCO2フラックスを直接確認できます。

 

フレキシブルなデータ出力

付属のeosLink-FDソフトウェアを使用して、eosFDの内部メモリからフラックス測定値をダウンロードすることができます。また、アナログ接続を使用することで、他のデータと共にストリーミングすることもできます。

  • 特徴

eosFDは、特許取得済みの強制拡散技術を使用して土壌のCO2フラックスを直接測定する画期的なデバイスです。 内蔵のデータロギングと低消費電力を特長としたスタンドアロン設計は、あらゆる規模の空間での自由度を提供します。

  • 仕様
本体寸法 直径10.2cm x 長さ25cm
重量 1.6kg
使用環境 -20~50℃
消費電力(動作時) <1.6W
電圧 12V DC
アナログ出力 0~5V DC
データ容量 65,000件
フラックス範囲 0~20μmol/m2/s
フラックス分解能 <0.2μmol/m2/s
関連情報 Related information
展示会・
セミナー
関連製品
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理