製品情報

多機能摩擦摩耗試験機用 ブレーキ摩擦試験モジュール 面接触(Disk on Disk) 自動車ブレーキ摩擦試験

多機能摩擦摩耗試験機用 ブレーキ摩擦試験モジュール
面接触(Disk on Disk) 自動車ブレーキ摩擦試験

自動車、航空機など様々なブレーキシステムの摩擦試験が可能です。上部の回転ドライブはトルクメーターが入っており、精度の高いディスク・オン・ディスク試験が可能です。
ブレーキ業界にとってMFT 5000 は迅速なブレーキ材料試験のための費用対効果の高い方法を提供します。 多用途のプラットフォームは、ダイナモメーター試験をシミュレートした条件でブレーキパッド材料の機能性と耐摩耗性をテストできます。 インライントルク、摩擦、圧力、温度、速度を測定できます。 さらに、特許取得済みのインラインイメージングオプションにより、3D画像が取得できます。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様

標準的なベンチトップ試験システムや本格的なダイナモメータに勝るユニークな利点を提供します。 ヘビーデューティのフロアスタンド設計により、サンプルに最大5000N の加重を加えることができます。これにより、必要な接触圧を維持しながらサンプルサイズを柔軟に変更することができます。

試験中に記録される重要なパラメータには、摩擦、摩擦係数、トルク、接触圧力、すべり速度および相互作用する表面の温度が含まれます。

 

  • 特徴

・面接触(ディスク・オン・ディスク)が片当たりを防止する試験片ホルダ(セルフレベリングプラットフォーム)

・トルクメーターによる詳細な摩擦力測定

・高速データ収集(200kHz)による超高精度データ分析

・PC制御で誰でも簡単にプログラム運転可能

・高加重、高回転まで対応可能

  • 仕様

回転数 3,000 rpm

加重 5,000 N

温度 RT – 650℃ (オプションで -40℃試験も可能)

湿度 90%前後まで

画像処理 3Dプロファイルメーター(オプション)

  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理