製品情報

次世代インパクター NGI

次世代インパクター
NGI

次世代インパクター(NGI: Next Generation Impactor)は、製薬会社により、吸入製剤試験用に開発されたインパクターです。
従来広く使用されてきたACI(アンダーセンカスケードインパクター)と捕集原理は同じですが、より先進的な吸入製剤試験に対応する新しい世界基準のインパクターです。

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • 導入事例事例

既存のカスケードインパクターで得られる粒度分布の精度及び試験に要する時間は、吸入剤の試験における最大関心事でした。そのため、1997年に吸入剤の開発・製造を行う著名な製薬メーカーが、吸入製剤用の標準インパクターの開発に向けてコンソーシアムを設立しました。
次世代インパクター(NGI)は、その努力の結実であり、2000年に発表され、2005年USP(Apparatus 5&6)およびEP(Apparatus E)に組み込まれました。

 

 

  • 特徴

● 製薬会社のための製薬会社による最新の設計
● 7段分級ステージ(5段ステージはいつも0.54~6.12 μmの分級)
● 試験流量15~100 L/分
● ステージ間ロスが低く、簡単な薬剤回収
● 全ステージ高分級効率:500 < Re < 3000
● 半自動、全自動化しやすい三つのパートから構成
● 設計、校正結果の公式な文書化や文献の発表

  • 仕様

NGI-cutoffNGIは、任意の流量で各ステージに捕集される粒子径が変わります。

  • 導入事例

空気動力学的粒度測定

  • ネブライザー ※NGIクーラーによる冷却を推奨
  • 点鼻剤
  • 吸入エアゾール剤
  • 吸入粉末剤
  • お問い合わせ
  • お見積依頼
  • デモ依頼
  • サポート修理