学ぶ・知る

合金鋼、工具鋼、金型材の分析(蛍光X線)

SCM435

鉄にクロム1%、モリブデン0.2%を添加したクロムモリブデン鋼。炭素量の異なるSCM440との区別はできない。

  Cr Mo Fe
成分値 1% 0.2%

SCM435

SACM645

鉄にクロム1.5%、モリブデン0.2%、アルミ1%を添加したアルミクロムモリブデン鋼。SCM435にアルミを添加したバージョン。

  Cr Mo Al Fe
成分値 1.5% 0.2% 1%

SACM645

SNC415

鉄にニッケル2%、クロム0.3%を添加したニッケルクロム鋼。

  Ni Cr Fe
成分値 2% 0.3%

SNC415

SNC631

鉄にニッケル3%、クロム0.7%を添加したニッケルクロム鋼。

  Ni Cr Fe
成分値 3% 0.7%

SNC631

SNC815

鉄にニッケル3%、クロム1%を添加したニッケルクロム鋼。

  Ni Cr Fe
成分値 3% 1%

SNC815

SNCM447

鉄にニッケル2%、クロム1%、モリブデン0.2%を添加したニッケルクロムモリブデン鋼。

  Ni Cr Mo Fe
成分値 2% 1% 0.2%

SNCM447 439

SUJ2

鉄にクロム1.5%を添加した軸受鋼。ベアリングや軸受でよく使われている。クロム鋼よりも若干クロムが高く、マンガンは少なめ。炭素を1%含んでいる高炭素クロム鋼で、摩耗に強い。

  Cr Mn Fe
成分値 1.5% 0.3%

SUJ2-2

SUJ3

鉄にクロム1%、マンガン1%を添加した軸受鋼。クロム鋼よりも若干マンガンが高いのが特徴。蛍光X線は炭素を検出できないため、クロム鋼との識別はマンガン値のみが頼りになる。

  Cr Mn Fe
成分値 1% 1%

suj3

SKH51

鉄にタングステン6%、モリブデン5%、バナジウムとコバルトを添加したハイス鋼。ドリルなどに使われる。ハイス鋼といったらSKH51を指すことが多い。スクラップ評価額はNi系ステンと同等。

  W Mo V Co Fe
成分値 6% 5% 2%

SKH51-2

SKH55

鉄にタングステン6%、モリブデン5%、バナジウム2%、コバルト5%を添加したハイス鋼。SKH51の強化版。

  W Mo V Co Fe
成分値 6% 5% 2% 5%

SKH51

SKH40

鉄にタングステン6%、モリブデン5%、バナジウム3%、コバルト8%を添加したハイス鋼。SKH51の強化版。

  W Mo V Co Fe
成分値 6% 5% 3% 8%

SKH40 HAP40

SKH57

鉄にタングステン10%、モリブデン4%、バナジウム3%、コバルト10%を添加した高級工具鋼。スーパーハイス。

  W Mo V Co Fe
成分値 10% 4% 3% 10%

XVC5 SKH57

SKH10

鉄にタングステン12%、バナジウム5%、コバルト5%を添加したW系ハイス鋼。

  W Mo V Co Fe
成分値 12% 5% 5%

SKH10 FAX55

YXR33

タングステンが少ないハイス鋼。日立材。

  W Mo V Co Fe
成分値 2% 2% 1%

YXR33

YXR3

タングステンがほとんど入ってないハイス鋼。日立材。

  W Mo V Co Si Fe
成分値 3% 2% 1.5%

YXR3

YXR7

タングステンがほとんど入ってないハイス鋼。日立材。

  W Mo V Co Fe
成分値 1% 5% 1%

YXR7

HAP5R

鉄にタングステン2%、モリブデン3%、バナジウム3%、コバルトを少量添加したハイス鋼。全体的に合金成分が少ない省合金。日立材。

  W Mo V Co Fe
成分値 2% 3% 3%

HAP5R

HAP10

鉄にタングステン3%、モリブデン6%、バナジウム4%、コバルトを少量添加したハイス鋼。日立材。

  W Mo V Co Fe
成分値 3% 6% 4%

HAP10

HAP50

鉄にタングステン3%、モリブデン6%、バナジウム4%、コバルト8%を添加したハイス鋼。日立材。

  W Mo V Co Fe
成分値 8% 6% 4% 8%

HAP50

HAP72

鉄にタングステン10%、モリブデン8%、バナジウム5%、コバルト10%を添加したハイス鋼。スーパーハイスSKH57の改良版。日立材。

  W Mo V Co Fe
成分値 10% 8% 5% 10%

HAP72

H34A

鉄にタングステン9%、モリブデン8%、バナジウム9%、コバルト8%、チタン7%を添加した超耐摩合金。日立材。

  W Mo V Co Ti Fe
成分値 9% 8% 9% 8% 7%

H34A

マルエージング鋼300

鉄にニッケル18%、コバルト9%、モリブデン5%とチタン添加した特殊鋼。

  Ni Co Mo Ti Fe
成分値 18% 9% 5% 0.5%

M300

SKD11

鉄にクロム12%、モリブデン1%を添加したダイス鋼。

  Cr Mo V Fe
成分値 12% 1%

SKD11

SKD61

鉄にクロム5%、モリブデン1%を添加したダイス鋼。

  Cr Mo V Fe
成分値 5% 1% 1%

SKD61

NAK55

鉄にニッケル3%、アルミ1%、銅1%、硫黄を少量添加したプリハードン鋼。個人的にはよく見かける大同特殊鋼材。

  Ni Al Cu S Fe
成分値 3% 1% 1%

NAK55

NAK80

鉄にニッケル3%、アルミ1%、銅1%を添加したプリハードン鋼。個人的にはよく見かける大同特殊鋼材。

  Ni Al Cu Fe
成分値 3% 1% 1%

NAK80

SKS2

鉄にタングステン1%、クロム1%を添加した工具鋼。

  W Cr Fe
成分値 1% 1%

SKS2

SKS3

鉄にタングステン0.7%、クロム0.7%を添加した工具鋼。SKS2よりも合金成分が若干少ないバージョン。

  W Cr Fe
成分値 0.7% 0.7%

SKS3

SKS93/94/95

鉄にクロム0.5%を添加した工具鋼。SS400との違いがほとんどない。合金成分がほんのちょっと入っているだけ。

  Cr Fe
成分値 0.5%

SKS95

1%ケイ素鉄(磁性材)

鉄にシリコンを1%添加した磁性材。継電器の鉄心部分。

  Si Fe
成分値 1%

1%珪素鉄

3%快削ケイ素鉄(磁性材)

鉄にシリコンを3%と鉛を若干添加した磁性材。

  Si Pb Fe
成分値 3% 0.1%

3%快削珪素鉄

SPCC

一般的な薄板。マンガンは0.1%程度

  Mn Si Fe
成分値 0.1% 微量

SPCC2

SPFC440(ハイテン材)

一般的なハイテン材。マンガンは0.8%程度と若干高め。

  Mn Si Fe
成分値 0.8% 微量

SPFC440-2

SPFC590(ハイテン材)

引張強度を強めたハイテン材。自動車用鋼板によく使われている。マンガンは1.2%程度とだいぶ高くなる。

  Mn Si Fe
成分値 1.2%

SPFC590-2

SPFC780(ハイテン材)

引張強度を強めたハイテン材。自動車用鋼板によく使われている。マンガンは1.5%程度とだいぶ高くなり、シリコン量も増加。メーカーによりMn、Siの量はまちまち。

  Mn Si Fe
成分値 1.5% 1%

SPFC780(JSC780T)2

スズめっき鋼板

鋼板にスズめっきがされたもの。一般的にはブリキと言われる。缶詰などにも使用される。製鋼原料としてスズは不要元素になるので、混入は避けたいところ。

スズめっき鋼板2

亜鉛鋼板

鋼板に亜鉛めっきがされたもの。屋根材のトタンが有名。

亜鉛鋼板トタン

ガルバリウム鋼板

鋼板にアルミと亜鉛の合金であるガルバリウムをめっきしたもの。亜鉛めっきよりも耐久性がある。最近の屋根材はガルバが多い。

ガルバリウム鋼板ガルバリウム鋼板

ZAM鋼板

鋼板に亜鉛、アルミ、マグネの合金をめっきしたもの。亜鉛めっきよりも耐久性がある。これからの屋根はZAMになる?

ZAM鋼板 リン酸塩処理 日新製鋼ZAM鋼板